ウルフピーは環境にも優しい害獣対策が出来る

家の天井裏や床下にいつの間にか住み着いていたり、家庭菜園や農作物を食い散らかす害獣被害が年々増加傾向にあります。これは里山などの自然環境が減少した事と、ペットとして飼われていた外来生物が野生化した事が主な理由ですが、警戒心が強く凶暴な生物が多いので駆除するにしても悩んでしまいます。



また多くの野生動物は鳥獣保護法や狩猟法で指定されており、むやみに捕獲出来ないので対策としては自治体に頼んだり忌避剤を使用して近づけさせない方法が主流です。

しかし忌避剤の多くはハーブやトウガラシなどの刺激臭を放ち寄せ付けないようにするのですが、害獣の方も臭いに慣れてしまったり雨で臭いが消させると効果が無くなってしまいます。

そう言った刺激臭での対策ではなく、野生生物の本能に働きかける忌避剤として最近ではウルフピーが話題になっているのです。

このウルフピーとは野生生物の頂点に立つオオカミの尿を主原料としているのですが、多くの野生生物は縄張りを持つ習慣があり、マーキングする事によって自分の縄張りを主張します。

NAVERまとめ情報を利用しましょう。

この習慣を利用して害獣が出没する場所にウルフピーを散布すると、野生の生態系の頂点であるオオカミの臭いを察知して命の危険を感じる為に、一目散に逃げて以後近寄らなくなるのです。



この効果はイノシシやサルに鹿だけでなくクマやネズミなど殆どの害獣に有効ですし、雨で流されてもこう言った臭いに敏感な動物は少しでも臭いが残っていれば危険を察知して逃げ出します。

またもともとがオオカミの尿で出来ている為に、環境に悪影響を及ぼす事も無く農作物にも全く被害のない事も安心して使用出来ると評判です。

DNAに深く刻み込まれた生命維持に働きかけるウルフピーなら、他の害獣対策よりも効果も得られるとしてニーズも増えています。

耳より情報

農作物を荒らしたり家の中に入り込んで巣を作ってしまうのが、タヌキやアライグマにイタチなどの害獣です。対策として罠を仕掛けて捕獲する事も考えられますが、害獣の中でも多くの生物は狩猟法や鳥獣保護法で保護されているので勝手に捕まえたり処分する事は禁じられています。...

more

驚く情報

大切に育てた農作物を食い荒らし、家畜やペットに危害を与えて時には人間にも牙をむいてくる害獣被害は年々増加傾向にあります。自然環境が減少してしまいエサを求めて人間の居住地域に侵入する事と、元々ペットとして飼われていた動物が手に負えなくなり、捨てられて野生化してしまう事もありますし、人間にも慣れてきて大胆で凶暴になっているのです。...

more

納得の事実

ウルフピーとは、オオカミの尿を利用した獣忌避剤のことです。オオカミは、イノシシやシカなど多くの哺乳類の天敵として知られており、ウルフピーによって臭いが届く範囲に哺乳類を近づけない効果があります。...

more

知識を増やす

ねずみは外から家の中に入ってきます。主なねずみの種類はどぶねずみ、はつかねずみ、くまねずみといった種類になります。...

more