ウルフピーの特徴とメリット

ウルフピーとは、オオカミの尿を利用した獣忌避剤のことです。
オオカミは、イノシシやシカなど多くの哺乳類の天敵として知られており、ウルフピーによって臭いが届く範囲に哺乳類を近づけない効果があります。成分にはオオカミの尿だけを使用し、添加物などの化合物を一切配合していないので、自然や動物に影響を与えません。野生の動物は自分の縄張りに尿などでマーキングを行い、自らの存在を他の動物に知らせる習性があります。

このマーキングの習性を利用して、イノシシやシカなどオオカミが天敵となる動物を自然と避けるように誘導するのがウルフピーの効果です。オオカミの尿は、オオカミ飼育の専門家が採取したものが使われています。

尿を取るためにオオカミを傷つけたり、人工的に排泄を促すことはしていません。
ウルフピーの使い方は、小分け容器に入れてぶら下げるだけなので、山中で設置を行う場合でも簡単に作業できます。



時間と共に内容物が減少してきたら、注ぎ足すだけで再び同等の効果を得られますので、メンテナンスに時間がかかりません。
多くの動物は天敵の臭いに慣れにくく、他の獣忌避剤と違い、効果が薄れることはありません。

goo ニュース情報ならこちらのサイトです。

ウルフピーは物理的に動物の侵入を防ぐのではなく、動物の避ける臭いによって生活圏を住み分けることができる製品です。



野生の動物の本能を利用していることから、効果には個体差があるものの、設置が簡単でコストや費用が安く、メンテナンスも容易です。
女性や高齢者など、体力に自信が無い人も無理なく利用できます。