ウルフピーは余分な成分の無い物が効果も高い

農作物を荒らしたり家の中に入り込んで巣を作ってしまうのが、タヌキやアライグマにイタチなどの害獣です。

対策として罠を仕掛けて捕獲する事も考えられますが、害獣の中でも多くの生物は狩猟法や鳥獣保護法で保護されているので勝手に捕まえたり処分する事は禁じられています。



捕獲や処分が禁じられている害獣に対して、画期的な駆除方法として動物獣忌避剤を散布する事により、動物の嫌がる臭いで近づけさせない方法があります。

多角的な視点からロケットニュース24情報をお届けします。

中でもウルフピーと言う狼の尿を使用した忌避剤は、野生生物の本能に働きかけて近づけさせない効果があるとして積極的に使われるようになっているのです。
野生生物の生態系で頂点に立つ狼の尿は、多くの害獣がマーキングする際に臭いに反応して命の危険を感じる為に、近寄ってこなくなります。ウルフピーを散布するだけで害獣が近寄ってこなくなったと言う評判も高い為に、需要も高まり多くのメーカーから発売されているのですが、ウルフピーを選ぶ際には余分な成分の入っていない物を選ばないと効果は期待出来ません。



人間と違い嗅覚が優れているので、ちょっとした臭いの違いも嗅ぎ分けられる為に、余分な成分が入っているウルフピーを散布しても害獣は偽物だと見抜いてしまうのです。メーカーによって色々とありますが、購入を考えて商品を選ぶ時には100%狼の尿を使用している物を選び、1ヶ月ほどで臭いが薄くなってくる前に繰り返し散布する事で、害獣も近寄ってこなくなります。